フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波(Fairfield by Marriott Osaka Namba)宿泊記

旅するトレジャーハンターの宮脇です。 
2024年1月に関西国際空港からの海外旅行に行くために前泊として利用しました。

ロケーション

大阪の「みなみ」に位置します。JR難波駅や大阪メトロなんば駅、南海難波駅などが近くにあります。

コンビニや飲食店なども周辺に多数あり、都会の利便性を感じるホテルです。

アップグレード

いつものように一番安いお部屋「キング1台, ゲストルーム」で予約。

アップグレードは最上階の「スーペリアキングルーム」となりました。

お部屋の写真

エリート特典

残念ながら朝食は無料特典ではついてきません。(割引にはなったと思います・・・)
上級会員の方は、食事会場がコワーキングスペースとなっており、そちらをラウンジの様に利用することができます。

コロナ禍では無料朝食とかあったのですが残念ですね。

今回の料金

2024年1月23日から24日、1泊2日

予約:キング1台, ゲストルーム 16,801円

実際の宿泊:スーペリアキングルーム 18,955円

と言うわけで、2,154円のお得でした。このクラスの安いホテルであれば十分ですね。

Fairfield by Marriott Osaka Nambaのまとめ

フェアフィールド系のホテルの中でもここは異色のタイプとなります。(他は大抵が道の駅併設なので)

それでも定番のデザインに部屋に入ると安心できるホテルとなります。

ここの1番のメリットは都会にあると言う点と、関西国際空港まで南海電鉄で乗り換えないしで行けることです。

しかも南海電鉄はクレジットカードのタッチによる乗車が可能なので、旅行保険が利用付帯になっているクレジットカードを使って電車に乗れば保険適用にできちゃうなんてことが可能です。(クレジットカードによりますので各カード会社の情報をお調べください)

私は今回もこれを利用して海外旅行保険をつけることにしました。

(Visited 59 times, 1 visits today)